リスクマネジメントに必要なステップについて

ベテランでも確認しておきたいポイント

介護現場に精通している職員も、再認識してほしいのがリスクマネジメントです。介護現場でおこる事故の例を取りあげ、注視すべきポイントを解説していきます。介護現場での小さな変化に気づける観察力を備えましょう。

介護の現場でのステップ

リスクマネジメントを行うためのステップ

介護の現場で心がけること

介護現場での事故は必ずおこると想定して仕事に取り組みましょう。事故がおきた場合は利用者さんの心情を汲み取り、職員がリスクマネジメントを怠らないようにしなければいけません。
ここでは、事故を最小化することを第一に考え、リスクマネジメントの重要性を考えてみます。また今回は、介護現場での実際のリスクマネジメントの取り組み方をそれぞれ紹介していきます。利用者さんを危険な状況にしてしまうリスクは現場のどこにあるのでしょうか。リスクを引きおこしそうなものに注目し、注意を促すことも大切なことです。
事故防止で重要なのは、思わぬ事態を各自が想定し、事前にリスクの特定をすることです。事故に潜む原因をまずは取り除くことが必要です。大きな事故から小さな事故までを未然に防ぎ、より多くのリスクを想定することに努めましょう。

リスクアセスメントを考える

リスクの要因などを分析してみることも大切です。リスクの分析については安全管理委員会などに任せ、さまざまな要因を集約してみましょう。そうすることである結果から事故を予測できるようになるのです。
事故が発生し、そこから具体的な対策を練ることで全体がみえてくることもあります。職員研修や設備などの管理体制によって改善できる部分であれば、よりリスクを減らせる可能性が高まります。人的要因、設備的要因、環境要因、管理的要因などから、リスクがおきる経緯を考えてみましょう。

リスクへの対応策

事故がおこった際の緊急時には、十分な対策が必要です。リスクマネジメントとして、事故発生後の早期発見や素早い対応を施すことで、リスクを最小限に抑えられます。迅速かつ、的確な行動をとるべき介護職員は、この重要性を把握しておかなくてはいけません。リスクがおきる前のマニュアル整備や、丁寧な職員研修が有効な対策になりえることも知っておきましょう。

リスクをコントロールする

職員全体でリスクマネジメントに取り組むには、業務のシステム化を図ることが必要です。実効性のあるリスクマネジメントを考え、職員全体で事故対策の検討に取り組めるステップとして、業務のマニュアル化や、職員研修、家族関係の再構築が有効です。おこりえるリスクに対して事業所全体で取り組むためには、マニュアルさえあれば安心です。そして、事故予防を職員全体で周知することができるのです。職員全員がリスクに対し理解を深め、利用者さんの安全を確保するには業務のシステム化をすすめることが重要なのです。

当サイトピックアップ記事

CATEGORY

特集記事

  • 窒息・肺炎につながる可能性もある「誤嚥」

    窒息・肺炎につながる可能性もある「誤嚥」

    高齢者に多い誤嚥は、窒息や誤嚥性肺炎に発展することがあります。ここでは誤嚥性肺炎の解説と、その原因についても詳しくまとめました。誤嚥は、食事中に注意するタイミングがあります。この点をおさえ、リスクマネジメントに取り組みましょう。

  • 役割と報告

    役割と報告

    重大な事故を未然に気づくヒヤリハットは、介護現場のリスクマネジメントのひとつです。ヒヤリハットの原因について知り、そのような場面に遭遇した際の対処方法について学んでおきましょう。さらにその記録を残すことで今後の事故予防に役立てましょう。

  • リスクマネジメントとは何か?

    リスクマネジメントとは何か?

    介護現場では、リスクマネジメントの重要性が叫ばれています。介護現場には、重大な事故に発展するリスクが常に存在しており、危険の多い介護現場でのリスクマネジメントは、利用者さんのためにだけあるのではなく、介護職員を守るためにも役立ちます。