事故を未然に防ぐには介護マニュアルの作成が重要

ベテランでも確認しておきたいポイント

介護現場に精通している職員も、再認識してほしいのがリスクマネジメントです。介護現場でおこる事故の例を取りあげ、注視すべきポイントを解説していきます。介護現場での小さな変化に気づける観察力を備えましょう。

介護事故を防ぐためにできること

介護マニュアル作成のポイント

介護事故を防ぐには

高齢者の増加により、介護事故も年々増えてきています。介護現場で重大な介護事故をおこさないためにも、リスクマネジメントとして事故防止に努めることは、最優先させるべきことです。介護職員が注意したい事例や対策方法を具体的に紹介していきます。介護事故を防ぐためには、ヒヤリハットの事例をまとめてマニュアル作成することもおすすめです。職員間でリスクの情報共有をすることで、介護事故予防に有効な対策になります。

介護現場でのヒヤリハット

事故防止のシステム作りは、職員個々でおこなうのではなく、職員全員が積極的におこなうことが必要です。介護現場で職務に携わっている職員ならば、業務をシステム化することに必要性を感じる人も多いでしょう。介護現場のリスクがどこにあるのかヒヤリハット報告書により明確にすることが大切です。ヒヤリハット報告は、小さなリスクを重大な事故につなげない事故防止策につながります。この視点は、介護に携わる職員全員が持ちあわせなくてはいけません。ヒヤリハットがおきた際は、すぐに事例検討するなどの職場環境が必要になります。
転倒のリスクがある利用者さんの例では、利用者さんの問題行動のみに注視せず、心理面から分析してみることもリスクマネジメントにつながります。介護事故防止のシステム作りには、ヒヤリハット事例が役立つのです。

介護事故予防対策

介護職員が介護事故を予防するために、一番に注視しなければならないことは利用者さんの状況確認です。介護サービスが利用初日の利用者さんは特に注意が必要です。病院からの申し送りにとらわれず、目の前にいる利用者さんの身体機能や認知機能、健康状態や服薬管理などを確認しましょう。細かい観察から情報を収集し、介護事故がおこらないようにリスクマネジメントにつなげましょう。
利用者さんの状況は日々変化します。介護職員は、利用者さんの変化にいち早く気づき、臨機応変に対応する心構えが必要です。特に認知症患者の場合は、機嫌の浮き沈みが激しいこともよくあります。そのような場合でも、利用者さんも身の回りの環境を整えつつ、信頼関係を築いていくことが大切になってきます。また介護事故を防止するためには、介護職員の配置にも配慮しなければなりません。介護施設は、利用者さんがありのままで素直に楽しめる場所なのです。介護施設の人員配置では、利用者さんをよく理解し、把握している職員が適任です。介護現場では、リスクマネジメントを念頭に置いた情報共有も大切になってくるのです。

当サイトピックアップ記事

CATEGORY

特集記事

  • 窒息・肺炎につながる可能性もある「誤嚥」

    窒息・肺炎につながる可能性もある「誤嚥」

    高齢者に多い誤嚥は、窒息や誤嚥性肺炎に発展することがあります。ここでは誤嚥性肺炎の解説と、その原因についても詳しくまとめました。誤嚥は、食事中に注意するタイミングがあります。この点をおさえ、リスクマネジメントに取り組みましょう。

  • 役割と報告

    役割と報告

    重大な事故を未然に気づくヒヤリハットは、介護現場のリスクマネジメントのひとつです。ヒヤリハットの原因について知り、そのような場面に遭遇した際の対処方法について学んでおきましょう。さらにその記録を残すことで今後の事故予防に役立てましょう。

  • リスクマネジメントとは何か?

    リスクマネジメントとは何か?

    介護現場では、リスクマネジメントの重要性が叫ばれています。介護現場には、重大な事故に発展するリスクが常に存在しており、危険の多い介護現場でのリスクマネジメントは、利用者さんのためにだけあるのではなく、介護職員を守るためにも役立ちます。